TEL.0537-21-2131







親世帯の意見を聞きながら、子世帯のご夫婦が中心となって家づくりを進めました。
家の外観を見ただけではわかりませんが、2世帯で仲良く暮らしたいという想いが
間取りや空間に映し出された住まいです。

2世帯 仲良く暮らす家
2世帯 仲良く暮らす家
2世帯 仲良く暮らす家
2世帯 仲良く暮らす家

2世帯 仲良く暮らす家
2世帯 仲良く暮らす家
2世帯 仲良く暮らす家
2世帯 仲良く暮らす家

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。
■住まいづくりエピソード
建て主のMさんご夫妻にお話を伺いました。

― 新築されたきっかけを教えてください
ご主人 結婚して、嫁さんと家に入ることをきっかけに、古くなった実家を建て番えることにしました。ローンの返済にも、早い方がいいだろうということで。

― 鈴木建設を選んだ理由は?
ご主人 友人が鈴木建設さんの社員だったので、図面を書いてもらいました。最初は、他所でも図面を書いてもらい、住宅展示場へも行きました。でも、展示場はちょっと生活感がわかず、何か遠うなと。鈴木建設さんの住まいづくりが自分たちの感覚にフィットしていたし、何より地域で長年続いている会社なので、安心感がありました。近くなら何かの際にすぐ駆けつけてもらえるし、打合せ等もしやすいですから。
奥様 見学会や、打ち合わせに行くと、担当の岡田さん以外にも、社長や社員の皆さんが温かく接してくれました。家は建てた後も長いお付き合いになるので、アットホームで温かい雰囲気の会社で、とても安心できました。(笑)

― 住まいまいづくりで大切にしたことは?
ご主人 生活空問を完全に区切ることはせず、
お互いの世帯がよい距離略を保ちながら気持ちよく蕃らせることを一番に考えました。
奥様 変に気を遣いあったり、会話不足にならないように間取りや空間づくりに気を配り、図面も何度か書き廠していただきました。

― 最後に、入居目前御今の心境をひとこと
ご主人 ん〜、純粋に楽しみですね。リビングでみんなと酒を飲みたいです(笑)
奥様 新しい生活、私はだんだん緊張してきています。


●鈴木建設 営業担当/岡田哲也
M様は、「ありたい暮らし」に対して明確な恩いがありました。住まいづくりは、やっぱり人があってこそです。建築ありきでなく、お客様が求める暮らしを汲み取り、納得いただける住まいとなるよう、心掛けました。私たちは引き渡したところでお付き合い半ばです。M様、これからも畏いお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。新しい住まいでの、ご家族の素敵な暮らしをお祈りしています。